<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Recommend
Selected Entries
Recommend

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.02.11 Tuesday  | -

初滑り / 札幌国際スキー場 

札幌国際スキー場01
札幌国際スキー場
〒061-2301
札幌市南区定山渓937番地先
TEL(011)598-4511
FAX(011)598-3356
ゲレンデダイヤル011-598-4560
http://www.sapporo-kokusai.co.jp/ski2006/
3,800円の「初滑り日帰りバスパック(往復バス+ゴンドラ・リフト1日券)」が11月30日までという事で、急遽札幌国際へ。晴れているし、初滑りの最終日曜日という事でこの時期にしては混んでいるのかな。それにしても暖かいくらいで何だかとても気持ちがいい。

札幌国際スキー場02

雪質はそれほどでもないけど、この時期で全コース天然雪なんだからさすがは北海道といったところ。昔一度だけ来た事があるので非常に懐かしい。それにしても札幌からバスで一時間で来れるアクセスの良さは素敵です。

札幌国際スキー場 カレー ビール

昼飯はカレー。個人的にゲレンデに来たら「カツカレー」なんだけどまだやってないとの事。無念。ビール飲んだら寝てしまいましたよ(笑。


初滑りパックが終わってしまうのは残念ですが、また来たいですね。



2005.11.27 Sunday 22:11 | 旅行

さっぽろホワイトイルミネーション 

さっぽろホワイトイルミネーション01
第25回さっぽろホワイトイルミネーション
【会場】大通会場(大通公園西1〜8丁目)、駅前通会場(札幌駅前通北5条〜南4条)
【期間】平成17年11月18日(金)〜大通会場平成18年1月4日(火)、駅前通会場平成18年2月12日(日)
【時間】16:00〜22:00
【交通】地下鉄「大通駅」から徒歩1分
http://www.sweb.co.jp/kanko/white/

さっぽろホワイトイルミネーション02

昭和56年に始まり、今では冬の到来を告げる風物詩として定着している「さっぽろホワイトイルミネーション」。37万個もの電球で彩られた大通公園は見事です。テレビ塔があるのでよけい絵になりますね。

ミュンヘン・クリスマス市を併催中。札幌とミュンヘンは姉妹都市なんですね。ソーセージのいいにおいがたまりません。



2005.11.26 Saturday 14:54 | 旅行

モエレ沼公園 / イサム・ノグチ 

現代美術館で見た「イサム・ノグチ展」でその存在を知った
イサム・ノグチ設計のモエレ沼公園へ足を運ぶ。

モエレ沼公園01
モエレ沼公園
札幌市東区 モエレ沼公園1-1(旧住所:丘珠町599−1)

【地球に刻む、風景・夢・記憶】 
モエレ沼公園は、札幌の市街地を公園や緑地の帯で包み込もうという、「環状グリーンベルト構想」における北部平地系緑地の拠点公園として計画されました。内陸部分約100haの周りを取り囲むモエレ沼の水面を合わせた189haを公園区域としており、平成17年(2005年) 夏に全面完成いたしました。札幌市の公園の中では数少ない水の要素を持つ公園であり、広大な面積を有するスケール感からいっても、札幌を代表する公園のひとつです。そしてまた、彫刻家イサム・ノグチのマスタープランに基づき、「全体をひとつの彫刻」とみなした公園づくりを行なっており、世界的な注目を集めています。
モエレ沼公園02

いきなり壮大なモエレ山のお出迎え。
息を切らしながら登ると札幌が一望出来る素晴らしい眺望。
夜に登るとまた一段と綺麗であろう。

モエレ沼03

ちょうど4時になったので「海の噴水」が稼動。
15分間のショートプログラムだが、その迫力に圧倒される。
まさに「水の彫刻」である。

そして夕暮れ時のモエレ山。

モエレ沼公園04

モエレ沼公園05

これまた幻想的な風景に感動してしまう。

そして、ガラスのピラミッド「HIDAMARI」

モエレ沼公園06
ガラスのピラミッド「愛称・HIDAMARI」は、イサム・ノグチが「全体をひとつの彫刻」として設計したモエレ沼公園のシンボルとなる建物で、透明な面の集合体として、軽快な見え方を追求したデザインです。館内には休憩所となるアトリウム、イサム・ノグチギャラリーや文化活動のためのスペース、レストラン、ショップなどのサービス施設、管理事務所等があり、当公園の利用と運営の拠点となる複合施設です。
モエレ沼公園07

遊具エリア。シーソーや滑り台に年を忘れ興じてしまう。
イサム・ノグチマジック。

まだプレイマウンテンやテトラマウンドなど、
制覇してない場所も多いのでもう一度来る事になりそう。

それにしても壮大な公園だ。

暖かい時にのんびりしに来たい。



ノグチテーブル【送料無料 ※北海道・沖縄・離島を除く】
イサム・ノグチ設計のノグチテーブル
美しすぎる。
これは本当にお勧めです。

イサム・ノグチ生誕100年
イサム・ノグチ生誕100年エクスナレッジ 2004-07売り上げランキング : 26,611Amazonで詳しく見るby G-Tools
ル・コルビュジエ パリ、白の時代 イサム・ノグチ〈上〉―宿命の越境者 イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者 Casa BRUTUS特別編集 イサム・ノグチ伝説 バウハウス
2005.10.30 Sunday 21:46 | 旅行

魚三昧 

お盆は魚三昧。
魚01
何とも美味そう。

魚02
伊勢海老が豪華でございます。

ビールを飲みながら夜まで魚祭り。
至福の時間です。

翌日はキス釣り。
灼熱地獄の中、ボートを借りて海釣り。
麦わら帽子を買ってなかったら間違いなく死亡。

最初はまったく釣れなかったが、
徐々にキスやメゴチがつれ始める。
小さいタコやホーボーなども。
魚03
合計50匹くらい釣ったかな。

収穫は天麩羅にしてビールと共に。
素敵な休日でした。


Cセット『伊勢海老1kg(3尾)』12月22日出荷日限定!
■Cセット『伊勢海老1kg(3尾)』12月22日出荷日限定!
■おいしい情報をお届け! by ネットプライス
2005.08.20 Saturday 14:10 | 旅行

九州縦断ツアー 

ゴールデンウィークに敢行した2泊3日九州縦断ツアー

1日目:羽田⇒鹿児島⇒熊本
氷白熊
黒豚豚カツを食した後、デザートに白熊がん食い。

西郷どん
維新ふるさと館にて明治維新の志士達に感動の後、西郷どんとご対面。

桜島
桜島大根は食せず。鹿児島の知人に紹介してもらった「鹿児島ラーメン豚とろ」を食した後、熊本へ向かう。
熊本ではむつ五郎にて馬刺しを食す。美味。


2日目:熊本⇒雲仙⇒長崎⇒博多
熊本城
午前中は熊本観光。すげえ城。

雲仙
フェリーにて雲仙・島原へ。
雲仙は笑っちゃうくらい硫黄臭い。臭すぎる。
そこでこの看板を発見。素敵。

亀山社中
雲仙で温泉に入った後は長崎へ急行。
日本初のベンチャー亀山社中に思いをはせる。

長崎ちゃんぽん
一番有名な店のちゃんぽん。あんまりだな。
福砂屋のカステラは美味かった。
長崎から博多までの道中で一気食い。

博多で宿にチェックイン。残念ながらどんたくは終了していたようだ。


3日目:博多⇒別府⇒阿蘇山⇒熊本⇒羽田
長浜ラーメン01
前日は遅くまで飲んでいた為、朝が辛い。辛いのにラーメン。
長浜ラーメンは想定外のあっさりさで美味い。
体調がよければ替え玉してたな。

別府にて温泉に入り、阿蘇山観光後、熊本空港へ。
怒涛の九州ツアーでした。


2005.08.16 Tuesday 15:29 | 旅行

香港・マカオ一人旅 vol.4 

4日目帰国日

午前中のフライトの為、早起き。
増額機
空港まで行く為、オクトパスカードを増額しておく。

オクトパスカード
それにしてもこのオクトパスカードは便利だ。
電車も乗れるし、ほぼ全てのコンビニで買い物が出来るし、バスも乗れる。
旅行者にとって現地の小銭はどれがいくらか分からないし、
日本に戻っても両替できないという代物なので、本当に重宝させて頂いた。
I LOVE オクトパスカード。

SuiCaももっと頑張れよ。
東京メトロも磁気カード使ってる場合じゃねえぞと。
------------------------------------------------------------------
空港に着いてみると、なんと帰りのフライトがオーバーブッキングだというではないか。
30分後のJALの便に乗ってくれないかと言っているので、了承する。
しかもラウンジのチケットをくれた。
ラウンジ
あんまり時間もないけどとりあえずくつろいでみる。

いやあ、この香港・マカオ一人旅はとにかく歩きまくったので疲れたが、楽しかった。
マカオにはもう一度行かねばなるまい。お金を散財しに。
------------------------------------------------------------------
今回の旅の友
世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上)世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(下)
村上春樹【世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド】
高校の時に読んだ春樹の名作中の名作。
なぜかとても読み返したくなり、今回の旅の友に。


2004.10.16 Saturday 16:29 | 旅行

香港・マカオ一人旅 vol.3 

3日目香港島攻め

ピークトラム1
香港最大の名所ヴィクトリア・ピークへ。
昼間だというのに結構混んでいる。夜に来なくて良かった。(夜景見れないけど)

ピークトラム2
エライ急角度を昇っていくピークトラム。
110年無事故との事。

50万ドルの昼景
50万ドルの昼景。えらいこっちゃ。
しかし香港は東京よりも空気が汚い。
今後、中国・インドでモータリゼーションが始まったら
地球の環境はどうなってしまうのだろうと急に大きな視点になってみるテスト。

肉飯
肉飯。観光地なだけあって高い。美味いけど。

サゴ・ティーマンゴープリン
サゴ・ティー。巨大なサゴが入っている。喉に詰まらせたら死ねます。
マンゴープリン。最高。
------------------------------------------
夜はマカオへリベンジの旅。
この日は異常に感覚が鋭く、すぐに元手を確保。
最後に余剰資金を一発賭けするもあえなく撃沈。
わはは。最高に楽しい。ハウ・ター!
------------------------------------------
戻ってきて夜食。
ホテル付近の聯記麺家にて水餃麺を食す。
聯記麺家
最高に安く、最高に素朴で、最高に美味い麺を食わす店。

水餃麺
水餃麺。エビやシイタケ、野菜など具沢山の水餃子が乗る。

明日は早朝のフライト。乗り遅れないようにせねば。


2004.10.16 Saturday 15:25 | 旅行

香港・マカオ一人旅 vol.2 

2日目マカオ攻め
香港島から九龍を望む
昼に地下鉄にて中環(セントラル)へ。
歩いてマカオ・フェリーターミナルへ。(本当は上環が最寄駅)

香港・マカオ間は24時間フェリーが運航。
しかも深夜以外は15分間隔なので非常に利便性が高い。
しかし、1国2制度を採用している為、お互いの行き来にはパスポートが必要。
フェリー
フェリーは高速航行モードに入ると飛行機より快適。
電車みたいだ。酔わずに本も読める。
--------------------------------------
1時間でマカオ到着。
フェリーターミナルから歩いて約25分くらいで中心地へ。
一通り観光する事に。
モンテの砦
モンテの砦。

金玉城
金玉城。歩いている途中で発見。何つー名前だ!

媽閣廟(マコウミュウ)
媽閣廟(マコウミュウ)

マカオタワー
マカオ・タワー

マカオ中を一通り歩きまくり、ガイドブックに掲載されている
観光地を一つ一つ回っていたらいつの間にか日が暮れてきた。
いよいよ、最終目的地カジノ・リスボアに行く時がきたようだ。。。
カジノ・リスボア
ア、アカン、欲望でギラついているやん。ド派手やーん!

とりあえず中の様子を偵察する事に。
簡単な荷物検査を受け、中に入ると日曜だけに人、人、人。
えらい混雑。さすが、マカオ。さすが、リスボア!

偵察の結果、とりあえず言葉が分からない自分にも出来そうなのは
大小のみという結論に達し、チャレンジする事に。

おっと、その前に腹ごしらえをしなくてはという事で、
リスボアの近くにある屋台へ。
屋台
おばちゃんとガイドブックを見せながらのやりとりで、
乾炒牛河(牛肉入りきし麺炒め)を食うことに。
乾炒牛河(牛肉入りきし麺炒め)
マジうまい。しかしチンタオ・ビールが大瓶で出てきて酔った。

腹ごしらえ後、現金をチップに変え、大小にチャレンジ。
「俺、今、大か小かにいくら賭けてんだよ・・・」
みたいな変な高揚感が素敵ですね。

ちなみにギャンブルで儲けようなんて考えてはダメですよ!
控除率(寺銭)を考えてもどうやっても勝てないのは明らかなのですから。
ちなみに大小では大か小か以外にかけてはダメです。
出現確率と配当のレートのバランスが圧倒的に悪いので。

あー、楽しかったと一通り満足してフェリー・ターミナルへ行くが、
帰りのフェリーが激混み!結局2時間近く待ってしまいました。
香港では終電終ってるし。。。
でも最高に楽しい一日でした。


2004.10.11 Monday 16:21 | 旅行

香港・マカオ一人旅 vol.1 

2004年9月25日〜9月28日香港・マカオ一人旅
トンチュン駅
強行スケジュール。
香港国際空港に夜着。
エアポートエキスプレスではなくトンチュンラインで市内へ向かう事に。
トンチュン駅までは空港からバスで10分くらいかな。

トンチュンライン
駅にてオクトパスカード(SuiCaみたいなもの)を購入し、太子駅へ。
日本の電車のように中吊り広告がなくスッキリしている。

事故
太子駅到着後、ホテルを探していると事故っている車を発見。
「う〜ん、さすが香港」などと妙に納得しながら激写。

Concourse
紆余曲折を経てホテル京都酒店(Concourse)到着。まあいいところだ。
いつのまにやら12時を回っていたのでとりあえず旺角(モンコック)周辺を探索することに。

女人街
通菜街(通称女人街)の露天もだいぶ店じまいを始めていたが、
訳の分からないパワーみたいなものは感じられた。

一通り旺角周辺を歩きまくり、町の雰囲気を肌で感じる。
ホテル近くのいわゆる路上レストラン(固定屋台)にて夜食。
雲呑面
雲呑麺(ワンタン麺)を注文。
麺の下にエビ入りのワンタンが満載!
薄味だけど最高に美味!しかも安い!
14香港ドル。ちきしょう、香港最高だぜ。

2004.10.10 Sunday 12:42 | 旅行

沖縄珍道中 

首里城
2004年9月15日〜20日

那覇に到着し、レンタカーを借りてとりあえず首里城へ。
一日目の宿はカヌチャベイ。豪華だ。
レンタルカートでリゾート内を爆走し、プールにて一通り泳ぐ。
夜は名護を攻めるが何もない。

海中道路
海中道路というので物凄く期待してしまうがただの橋。

犬
二日目、三日目の宿はマリンリゾートホテル浜比嘉
眺めだけは世界最高。眺めだけは。
駐車場にて飼われている犬が妙に懐っこく、
舐めてきたり、車を追いかけてきたりする。可愛すぎる。

二日間とも伊計ビーチに赴き、海水浴やバーベキューなどを楽しむ。
夜は北谷、残波岬、宜野湾市などなど。
二日目の北谷では酔っ払いすぎて浜辺で寝てしまい、警備員に起こされたw。
警備員に「ちゅらかーぎー」「やなかーぎー」を教えてもらう。

ゆいレール
四日目の最終日は国際通りの西部オリオン
綺麗だったけど、残念ながら殆ど滞在時間無し。
ゆいレール、結構混んでた。
北上し、米軍基地のフリーマーケットや沖縄市、宜野湾市等を攻める。

織名園
五日目は殆ど時間が無く、国際通りと織名園を観光して空港へ。
空港の土産物店タイラにて大学の先輩と何年ぶりかの再会。ビックリした。

ソーキソバ
ソーキソバ。店名失念。おいしかった。
店員のお姉さんによると本土からわざわざここのソバを食べに来る人もいるとの事。
おそらく店員さんに会いに来ているのではないだろうか。
ラフテー丼
ラフテー丼。ラフテーも間違いないね。


九州・沖縄
2004.09.22 Wednesday 02:08 | 旅行
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
<< | 2 / 3 PAGES | >>